アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカの西側で4歳の娘を育てながらファイナンスの仕事をしているワーキングマザーです。税理士→外資IT→米本社勤務。アメリカでの共働き、マイホーム、お金、子育てなど、日々感じることを書いています。

MENU

2人目問題。もう1人うむことが幸せか?

いまの関心事のひとつ、子ども2人目問題。年齢的にも経済的にも、無理というわけではないけれど、正直2人目を躊躇しています。

 

年末に引っ越しを控えているので、できるだけものを減らそうと処分し始めているのですが、もう使わなくなった赤ちゃんグッズや着れなくなった娘の洋服はまだ処分できていません。

 

元々子どもを産む前は、当然のように2人はうむかなと考えていました。自分も夫も2人きょうだいですし、子どもにとっても兄弟姉妹がいた方が良いだろうと漠然と思っていたからです。

 

f:id:notefromus:20180509060722j:plain

 

 1人目をうんでみて感じる困難さ

ですが実際妊娠、出産、育児をしてみると、想像の何倍も何十倍も大変でした。

 

つわりがかなり重かった私は、何も食べられなくなり4,5キロ体重が落ち、フラフラの状態で点滴に通っていました。

 

最終的には診断書を書いてもらい仕事も休みをとりました。その後、切迫早産で急遽入院することになったり、出産後は授乳トラブル、寝られない毎日、マタニティブルー、終わりのない子どもと向き合う日々‥

 

もちろん、我が子は想像の何百倍何万倍も愛おしく、かわいく、どれだけ大変でもうまなければよかったと思ったことは一度もありません。

 

ですが、大変さを知ってしまった今、うむもうまないも選べる今、二の足を踏んでしまう自分がいます。

 

 

1人目が成長して取り戻したもの

今娘は2歳になり、授乳もない、夜もしっかり寝てくれる、平日はデイケアに預けてる、夜も夫に預けて習い事をしたり飲みに行ったりもできる、、と、かなり楽になってきたところです。

 

夫との子どもの面倒押し付け合いも、あまりなくなったような気がします。

むしろ、子どもとの2人時間も楽しいなと思えるようになりました。

 

加えて夫との2人の時間も楽しむ余裕がでてきて、2人だけで飲みにいったり、ゆっくり話したりするのってやっぱりいいなぁと感じています。

 

 

子どもとの移動、日本帰国。

初めて娘と日本に帰国したのは5ヶ月のときでした。

娘と2人きりの15時間を超えるフライト‥一睡もできない休めない地獄でした。

 

その後4,5回2人きりで飛行機に乗ったのですが、先日2歳を過ぎて乗ったとき、あまりにいい子でラクになっていてびっくりしてしまいました。

 

2歳を過ぎて、娘の分の席を取るようになったことも大きいですが、何か興味をひくものがあれば、訳も分からずひたすら泣くということが減ったからだと思います。

イヤイヤスイッチが入ってどうにもならないこともありますが、そのときは比較的機嫌がよかったんですね。

 

 

旅行好きな私たち夫婦にとって、子どもが1人の方がいろんな場所に気軽に行けることは間違いありません。

 

日本に行くのだって、経済的にも身体的にもかなり楽です。

そして現在のデイケア代、毎月約700ドル。もう一人いたら、割引はありますが、当然倍近くになります。さらに大学の学費まで考えるとかなりの額が必要です。

 

 

「2人目」の魅力

こうして書いていると、どんどん2人目いらないかなという気になってくるのですが(笑、

 

一方で、家とは違う表情で友だちと楽しく遊ぶ娘を見たり、兄弟姉妹仲良く遊んでいる子たちを見たりすると、家にもうひとり子どもがいて、子ども同士が影響し合えたり、家族がもっとにぎやかになるのはすてきだなと、心から思うのです。

 

条件的なものを並べると、1人でいいかなと思ってしまうけれど、

家族が増える喜びというのはそういう条件では測れないものであって

2人目、ぐるぐるぐるぐると悩んでしまいます。

 

 

ちなみに、夫がもし「絶対2人ほしい!!」というタイプならば私も深く考え込まずにその方向へ向かう気もするのですが、

夫は私以上に自由を必要とし、したいことも無限にあるタイプ。

娘はかわいいけど、別に1人でもいいんじゃない?という感じです。

 

もし2人目をつくるとしたら、私がどうしてもうみたいと、彼を説得することになると思われます。

 

  

もちろん、1人目より2人目の方が要領が分かっていてスムーズにいくことも多いだろうし、2人の子どもをもつ喜びは、今の私には分からないすばらしいものがあるはずです。

 

とは思うものの、今の自由を手放しがたい!という感じです。

 

まぁ、こんな風に思ってるということは今はその時期ではないということなんでしょうか。

娘がもう少し成長したら、さみしくなってもう1人、、ということにもなるかもしれません。

 

 

勉強や自分の趣味は、いくつになってもできるけれど、出産にはリミットがある。

いつかうめなくなったときに後悔してもどうにもならないと分かっているので、ぐるぐると悩んでしまうのです。

 

 

今日は、そんな答えのない記事でした。

 

 

Twitter(@notefromus)ではブログに書くまでもないことをつぶやいています。よろしければフォローしてみてください^^

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ

 


にほんブログ村