アメリカで暮らす、働く、育てる

アメリカの西側で4歳の娘を育てながらファイナンスの仕事をしているワーキングマザーです。税理士→外資IT→米本社勤務。アメリカでの共働き、マイホーム、お金、子育てなど、日々感じることを書いています。

MENU

アメリカの喫煙事情~非喫煙者天国アメリカ。

オリンピックに向けて、飲食店は一部例外を除き原則禁煙とする~そんな法案が検討されているようですね。

f:id:notefromus:20180508052649j:plain


 

 アメリカの厳しい喫煙事情

アメリカに移住して3年になりますが、こちらで暮らしていて良いことのひとつといえば、タバコの煙や匂いで嫌な思いをすることがないということです。

 

アメリカといっても、州によって法律が異なるので私が住んでいる州の話になりますが、全てのpublic placesで喫煙が禁止されています。他の州でも同じようなところが多いと思います。public placesの定義を見てみると以下のように書いてありました。

 

“Public places” include airports, banks, bars, common areas of apartment buildings, condominiums or other multifamily housing facilities, educational facilities, entertainment facilities or venues, healthcare facilities, hotel and motel common areas, laundromats, public transportation facilities, reception areas, restaurants, retail food production, marketing establishments, retail service establishments, retail stores, shopping malls, sports facilities, theaters, and waiting rooms.  A private residence is generally not considered as a “public place” unless it is used as a child care, adult day care, or health care facility. 

 

空港、銀行、レストラン、バー、アパートやマンション、病院、教育機関、ホテル、交通機関、スーパー、映画館‥いわゆる公共の場ではとにかくどこでも禁煙です。

また、places of employmentでも全面禁煙となっているため、オフィス、カフェテリア、会社のビル内などもすべて禁煙です。

 

つまり、他人と居合わせる可能性がある場所では基本的にタバコが吸えません。

バーで飲んでいても、タバコが吸いたくなったら外に出て店のドアから少し離れた場所で吸う感じでしょうか。

 

 

 日本で感じる、非喫煙者の憂鬱

 

日本に住んでいた頃、自分はタバコを吸わないのに、カフェやレストラン、居酒屋などに行くと洋服や髪の毛がタバコくさくなるのが本当に嫌でした。

 

分煙のお店が増えたとはいえ完全には煙がさえぎられていないこともあるし、ましてや会社の飲み会など喫煙者がいる場では、正直我慢するしかありませんでした。

 

居酒屋などお酒を飲む場所ではやはりまだタバコはつきものというイメージで、そこでタバコを吸わない人が「タバコが嫌」と思っても、嫌なら飲み屋に行くなと言われそうな気すらします。

 

その場ではまだいいんですが、飲んで家に帰った後の服のにおいってげんなりしますよね。手洗いしなきゃいけないニットなんかにタバコの匂いをつけられると、ほんとにうんざりします。

妊娠中はさらに、近くでタバコの匂いがすると発生元に憎しみすら感じました。。

 

 

 アメリカでは煙を浴びずに生きられる

 

ところが、ここアメリカでは、家族に喫煙者でもいない限り、日々の暮らしの中でタバコの匂いを感じることはほぼ皆無です。

 

お酒を飲むような場所だとしてももちろん禁煙なので、空気がきれいだし、喫煙者に対して嫌な気持ちを抱くこともありません。

特に今は子どもがいるので、子どもに受動喫煙させてしまう心配がないのは嬉しいことです。

 

 

 喫煙者に優しい国日本

 

たまに日本に帰ると、ふとした瞬間にタバコの匂いがすることがあるので、普段嗅いでいない分すごくびっくりします。

 

小さい子どもを連れて外食すること自体もアメリカの方が自由にできます。

お店側の受け入れてくれる環境が整っている上に(子ども用のハイチェアも、一般的な飲食店ではほぼ確実に用意されています)タバコの煙におびえる必要もないので、子育てするにも本当に良い環境だと感じます。 

 

とはいえ日本も、ひと昔前は会社のデスクでタバコが吸われていたんですよね。

それを考えると、飲食店でタバコが吸えないのが当然、となる日ももうすぐなんでしょう。

最終的にどんな法案が成立するのか期待したいところです。それが世の中の流れだということで、例外なんて作らなくていいのに‥と個人的には思っています。

 

 

まとめ: タバコ、健康によくない!

ちなみに私の夫は、私と出会う前は喫煙者でしたが、体が弱いのか若くして肺気胸になりすっぱり禁煙したそうです。

昔付き合っていた人に喫煙者もいましたが、やめてもらうまでに何度もケンカしたり本当に大変だったなぁ…

 

吸い始めてしまったものをやめるのは大変なようですが、健康面&世の中の流れを考えると、吸わない方が幸せに暮らせそうですよね。

 

 

 

Twitter(@notefromus)ではブログに書くまでもないことをつぶやいています。よろしければフォローしてみてください^^

 

 

応援クリック、ありがとうございます!


ワーキングマザー ブログランキングへ


にほんブログ村